角膜ヘルペスでもレーシック受けられる?

*

角膜ヘルペスでもレーシック受けられる?


角膜ヘルペスとレーシック

 
レーシックは目に直接処置を施すわけですから、なにかしら目の病気を抱えている状態で可能かどうかはとても気になるところですね。とくに角膜ヘルペスは長い間煩わされている人も多く、レーシックが可能かどうか確かめたいところでしょう。
 

まず結論から先に言いますと、角膜ヘルペスでもレーシックは可能です。

 

角膜ヘルペスと一言でいっても目の状態は色々ありますから、ひどい場合には症状が落ち着くまで、レーシックを受けられない場合ももちろんあります。
 

ですが軽度ならレーシックも可能ですし、現在は直接眼球に触れない術式のものもありますから、通常は問題ありません。
角膜ヘルペスでもレーシックを諦める必要はありません。
 
 

角膜ヘルペスについて

 

角膜ヘルペスとは、実はほとんどの人が感染している病気です。原因となるのはヘルペスウィルスですが、これには多くの方が感染しているんですね。
 

ですが、目が健康な状態ならヘルペスウィルスは特に害になりません。なにかしらの原因から目の抵抗力が弱くなる、あるいはもともと抵抗力が低い方が、角膜ヘルペスとして症状が出てしまうということです。
 

ですので、以前角膜ヘルペスを患ったことがあってもレーシックを受ける際に問題になることはありませんし、現在発症していても落ち着いた時期に受けることも可能です。
 

またレーシッククリニックはほとんどの場合眼科が母体になっていますから、レーシックの手術と合わせて角膜ヘルペスについてもしっかりと診断し手術が受けられるように指導してもらえます。
 

角膜ヘルペスは人によって症状の重さが大きく異なりますが、レーシックを受けることは十分可能ということですね。

 

角膜ヘルペスでもレーシック受けられる?関連ページ

アレルギー体質やアトピーが酷い状態でもレーシックできるの?
アレルギー体質の場合でも、アトピーでも、一般的にレーシック手術を受けることはできます。   しかし重 […]