レーシック手術後に再手術はできますか?

*

レーシック手術後に再手術はできますか?


再手術は可能です

 

再手術に関してのポイントは角膜の厚みの残りということになりますが、ほとんどの場合で再手術は可能です。
 

レーシックでは安全性などから、最初の手術の時に角膜の厚みにたっぷりと余裕を持たせるようになっており、厚みが不足しそうな場合は不適合として、レーシック以外の治療を薦められるようになっているからです。
 

ですので、レーシックを受けられたということは、角膜の厚みも十分足りており、万が一の再手術も可能であるということですね。
 

万全な技術によって行われるレーシックですが、再手術が必要になるケースも皆無ではありません。ですので、こういった知識を正しく知っておくことは、レーシックを受ける患者側にとっては非常に大切なことなのではないでしょうか。

 
 

問題は角膜の厚み

 

レーシックではレンズの役割を持つ角膜を削ることによって、視力を回復させます。
 

角膜にはある程度の厚みが必要ですから、削るための余裕が無い場合はレーシックを受けられません。10人に1人くらいの割合で角膜が薄く、レーシック不適合になるという話しも聞いたことがあります。

 
 

レーシックの原理

 

レーシックは眼球に対して直接的な処置をするということも知られるようになり、それに伴って問題が発生した場合の再手術が可能かどうか心配する声も聞かれるようになってきました。
 

レーシックでは、視力の低下の大きな原因となるピント調節機能を整えることによって視力を回復させます。具体的には、眼球の中でレンズの役割を持つ「角膜」の厚さを調節することによって、正しくピントが合うようにするということになります。
 

この調節は、角膜を削ることによって行われます。角膜の厚さを足すことは難しいですから、削る方向での調節になるんですね。
 

レーシック手術後に再手術はできますか?関連ページ

レーシックの最中に目が動いて失敗しない?
目を静止させるのは難しい?   人間の目は非常に細かな動きをするもので、まばたきは4~3秒に1回ほど […]

TOPへ